練馬片付け110番の「板橋区で粗大ゴミを格安で処分する方法」のページです。
※平成28年12月1日現在

板橋区在住の方に向けて、板橋区で粗大ゴミを格安で処分する方法に関して記載しています。

平成28年12月1日時点で実際に区役所に電話してみた内容です。
参考にしてみてください。

ヒアリング先:板橋区役所 資源環境部 清掃リサイクル課
板橋区ホームページ:http://www.city.itabashi.tokyo.jp/
〒173-8501 
東京都板橋区板橋二丁目66番1号
電話:03-3579-2217(清掃リサイクル課)

板橋区においての粗大ゴミとは?

原則として、最大辺がおおむね30cm以上のもので、ご家庭で使っていた耐久消費財を中心とした大型のごみです。
(例)家具、布団、各種電化製品、台所用具類、自転車など

Q どのような処分方法がありますか?

A 処分方法は2通りあります。
1.持込み
2.戸別収集

持込み、戸別収集、許可業者に依頼とは?
「持込み」は処分場までご自身で直接ごみを持っていくこと。
「戸別収集」はお家の近くの収集場所まで、区がごみを収集にいくこと。

Q 処分不可能なものはありますか?

A 下記のようなものは、板橋区では処分できません。

・ガスボンベ類(プロパンガス、アセチレンガス、酸素、水素など)
・石油類(ガソリン、軽油、灯油、ベンジン、シンナー、塗料、エンジンオイル、ブレーキオイル)
・工業製品(塩素、硫酸、硝酸、クロムなど)
・花火、印刷用インク、マッチ、未使用の使い捨てライター、現像液、自動車燃料用添加剤、 自動車のバッテリーなど
・タイヤ、ピアノ、消火器、耐火金庫、薬品類、石、ブロック、土、砂など
・リチウムポリマーバッテリー
・自動車、オートバイ
・テレビ・エアコン・冷蔵庫・冷凍庫・保冷庫・冷温庫・洗濯機・衣類乾燥機
・パソコン など

Q 持込みの場合は、どうすれば良いですか?

A 以下の手順で申し込みをしてください。

持込みの手順

(1) 申し込みをする

粗大ごみ受付センターに申し込んでください。
その際に、収集予定日または持込日、粗大ごみ処理手数料、購入していただく粗大ごみ処理券の種類及び枚数などをご案内します。

〈申込みの前に〉
●出すものを確定してからお申し込みください。(追加受付は出来ないことがあります)
●タンスや棚などの箱物家具やテーブルなどは、大きさにより処理手数料が異なります。寸法を測っておいてください。
●粗大ごみ処理手数料の減額・免除を受けられる方は、電話受付による申込みで受付センターにお申し出ください。(インターネット受付では減免になりません)
手数料の減免についての詳細はこちらをご覧ください。

《粗大ごみ受付センター》

インターネットhttp://sodai.tokyokankyo.or.jp/
申込みは、24時間可能です。※システムメンテナンス時及び年末年始休業日を除く

※パソコン及びスマートフォンから申し込みできます。携帯電話には対応していません。
※インターネット受付では、仮申し込み後に数分で確認メールが届きます。この確認メールに24時間以内に返信をして「申込完了」です。24時間以内に返信をしない場合はキャンセル扱いになります。

TEL03-5296-7000
(月~土曜日(祝日含む) 8:00~19:00)(年末年始は休み)

※年末年始や休日明け、3~5月は、特に粗大ごみの申し込みが多く、受付センターの電話がかかりにくくなることがあります。

<申込みの際の注意事項>
※各地域とも原則として日曜日も含み、毎日収集を行っていますが、混雑の状況によりご希望の収集日や持込日に予約できないこともありますので、お早めにお申し込みください。

※収集および持込された粗大ごみは、資源の有効活用とごみ減量の普及啓発活動に使わせていただく場合があります。

(2) 処理手数料の納付

受付センターで案内した種類と枚数の粗大ごみ処理券を購入してください。
粗大ごみ処理券は区内のコンビニエンスストア等を含む「板橋区有料ごみ処理券取扱所」でお買い求めいただけます。
 
※他の区、他の市町村の券は板橋区で使用出来ません。粗大ごみ処理券をお求めの際は、他区の券を購入しないよう「板橋区粗大ごみ処理券」とはっきりご指定ください。
※粗大ごみ処理券は、必ず申し込んだ後に購入してください。購入したごみ処理券が余っても、原則として還付(払い戻し)は出来ません。必要な枚数分だけ購入してください。

(3) 貼付用シールに必要事項を記入する

粗大ごみ処理券に、申込者氏名(または受付番号)と持込日を記入して、粗大ごみには貼らずに、持込場所にお持ちください。

(4) 粗大ごみを出す

下記受入施設に持ち込んでください。

※板橋区内にお住まいの申込者本人または同一世帯(同一住所)の方のみ、持ち込みができます。
※持ち込みの際に、運転免許証などで本人確認をさせていただきます。
※申し込みを済ませていないものは、持ち込みできません。

※受入施設では、粗大ごみ処理券の購入や現金でのお支払いはできません。粗大ごみ処理券は事前に購入しておいてください。
※持込場所での荷下ろしは、ご自身で行っていただきます。係員の指示に従って、事故やケガなどのないよう十分にお気をつけください。

受入施設

施設名 住所/連絡先 受入時間
西台粗大ごみセンター 板橋区西台2-39-11 (月~金曜日)13:00~16:00
(土・日曜日、祝日)9:00~16:00

Q 何点まで持ち込み可能でしょうか?

A 1回につき10点までです。

持ち込み処分の場合の料金相場

持込みの場合の処理手数料は収集に比べて約半額になります。
(100円未満の端数は切り捨て)。
ただし、1回の持ち込みで最低200円はかかります。

収集の場合の手数料は下記を参考にしてください。
http://sodai.tokyokankyo.or.jp/(S(fzz3spobnzejqqyr0adwawxs))/pag/ItemList.aspx?CityCode=13119

Q 戸別収集の場合はどうしたら良いですか?

A 以下の手順で申し込みをしてください。

戸別収集の手順

(1)(2)は持込みの際と同じです。

上記、持込み手順(1)(2)を参考にしてください。

(3) 貼付用シールを貼る

粗大ごみ処理券に、申込者氏名(または受付番号)と収集日を記入して、粗大ごみの見やすいところに貼ってください。

(4) 粗大ごみを出す

収集予約日の午前8時までに、申込時に指定した場所に出してください。

※収集予定日より早く出すと、場所によっては近隣の迷惑になります。収集当日の朝の排出にご協力ください。
※集合住宅にお住まいの方は、マンション・団地内のルールをご確認のうえ、お出しください。

※マンションの粗大ごみ置場などに出す場合、鍵があるときは開けておいてください。
※ごみ集積所には出さないでください。

Q 何点まで回収してくれますか?

インターネットでの受付は10点までです。
電話での申し込みの場合は特に制限はありません。
(申込をした際に収集先の容量により制限される可能性あり)

戸別回収の場合の料金相場

処理手数料は品目により300円~2,500円で5段階に設定されています。
品目ごとの手数料は以下のURLで確認してみてください。

粗大ごみ処理手数料(主なもの)
http://sodai.tokyokankyo.or.jp/(S(fzz3spobnzejqqyr0adwawxs))/pag/ItemList.aspx?CityCode=13119

板橋区(行政)に依頼した時のメリット・デメリット

板橋区で粗大ごみを無料または格安で処分する方法として、行政が行っている「持込み」「戸別収集」という2つの方法があります。

ただこの2つの方法、メリットも大きいのですが、デメリットもあるんです。
板橋区(行政)に頼んだ場合のメリットとデメリットをまとめたので、確認してみてください。

メリット

  1. なんといっても料金が安い
  2. 正規の回収なのでトラブルの可能性が皆無

なんといっても料金が安い

粗大ごみの量や種類にもよりますが、行政サービスによる粗大ごみ処理は、民間の不用品回収サービスに比べて費用を安く抑えることができます。

持込みの場合、収集の場合の半額(200~1,200円)で処分することが出来ます。

また、戸別回収の場合も、処分手数料は300~2,500円なので、比較的安価で処分できます。

正規の回収なのでトラブルの可能性が皆無

最も安心でトラブルの可能性が少ないのも行政処分の大きなメリットです。

悪質な回収業者に処分をお願いしてしまった場合、不法投棄などのトラブルにまきこまれ、罰を受けることもあります。

行政での処分は、正規の処分方法であるため安心安全です。

デメリット

  1. 指定場所まで自分で運び出さなければならない
  2. 数量制限がある
  3. 買い取りはしてくれない

すでにサービスが変わっている場合もありますが、行政における粗大ごみ処理には、上記のようなデメリットがあります。

指定場所まで自分で運び出さなければならない

粗大ごみを自分で指定場所まで運びださねばなりません。
重たい物や解体しなければ運びだせないような物を処分する時にとても困ってしまいますよね。

数量制限がある

持込みの場合、1回で処分できるのは10点までのため、引っ越しなどで大量に処分品が出る際には難しい処分方法だといえます。

買い取りはしてくれない

行政のメリットとして「安い」ことをあげましたが、買い取りができる物の場合には、業者に頼む方が安くなる場合もあります。

民間業者に頼んだ方が良い場合もある

  • 日時が合わない
  • 重たくて運び出しが出来ない
  • 量が多くて1度に全て処分できない
  • 買い取りもして欲しい

というような場合は、行政での処分方法は適していないので、業者に頼むことを検討してみると良いと思います。